未来は認知症のない社会になるか

これは、大発見ではないか!

失われた脳の機能が回復するという話。人工タンパク質を使い、切断された脳の神経細胞を再接続する。まさに夢の技術だ。マウス実験では既に成功していると。具体的には、遺伝子操作により人工的に創り出した認知症マウスに、同チームの新薬を投与した結果、脳の神経細胞が再構成され、マウスの認知機能が向上したらしい。まるでSFの世界。凄すぎる。

慶應大学と愛知医大のチームによる快挙。今まで、認知症特効薬として様々なDNA新薬の存在が噂されたが、同チームによる実験は最も現実的なツールを未来に提供してくれそうな予感がする。

さすがメイド・イン・ジャパン。

認知症のない社会の実現。こんな素晴らしい事があるだろうか。どれだけ多くの家族が介護地獄から救われるのか。この実験の成功&実用化に、1000%期待したい。頑張って下さい。

産経新聞朝刊「神経の再接続に成功」2020年9月13日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中