タグアーカイブ: 認知症

認知症研究の第一人者が認知症

かの有名な長谷川和夫先生といえば、「長谷川式スケール」の発明者であり、デイサービスという制度を立ち上げた発案者でもある。つまり、介護業界にとっては、偉大なビックネームといえる。

本年1月、長谷川先生を取り上げたドキュメンタリーがNHKで放映。なんと、認知症研究の第一人者が認知症なのだ。

この研究を始めた若い頃、先輩から「君の研究は君が認知症になったら完成する」とアドバイスを受け、それが現実のものとなる。

長谷川先生の介護を担当している、奥様と娘様の負担を減らすため、デイサービスに通うが「つまらない」ことに戸惑いを覚え、結果、通所サービスを拒絶するシーンには衝撃を覚えました。

介護の仕事をしていると、「認知症とは何か」の壁にぶつかる。認知症になりつつも「昨日と同じ自分がそこにいる」ことを発見した、長谷川先生の功績は計り知れない。

ぜひ、長生きして、今後も良い作品を発表して下さい。

本年

産経新聞朝刊 2020年2月1日

未来は認知症のない社会になるか

これは、大発見ではないか!

失われた脳の機能が回復するという話。人工タンパク質を使い、切断された脳の神経細胞を再接続する。まさに夢の技術だ。マウス実験では既に成功していると。具体的には、遺伝子操作により人工的に創り出した認知症マウスに、同チームの新薬を投与した結果、脳の神経細胞が再構成され、マウスの認知機能が向上したらしい。まるでSFの世界。凄すぎる。

慶應大学と愛知医大のチームによる快挙。今まで、認知症特効薬として様々なDNA新薬の存在が噂されたが、同チームによる実験は最も現実的なツールを未来に提供してくれそうな予感がする。

さすがメイド・イン・ジャパン。

認知症のない社会の実現。こんな素晴らしい事があるだろうか。どれだけ多くの家族が介護地獄から救われるのか。この実験の成功&実用化に、1000%期待したい。頑張って下さい。

産経新聞朝刊「神経の再接続に成功」2020年9月13日

高齢者ドライバーの実態調査

75歳以上を後期高齢者と言いますが、実際、同年齢以上の方で、お仕事をされている方は数多くいます。もしかしたら、大半の高齢者は、何らかの仕事をされているのかも知れません。

65歳以上を前期高齢者と言いますが、まだまだ、この年齢はぜんぜん若いです。

高齢者の定義はWHOが決めたルール。

65歳になると国際基準で高齢者に分類されるんです。

 

日本の警察はさすがに優秀ですね。

昨年、75歳以上の高齢ドライバー約260万人を対象に、免許更新時などを利用して「認知機能検査」を実施したようです。

結論から言うと、75歳以上の高齢ドライバーの約75%は正常。

残り25%は問題あり。

昨年、交通死亡事故を起こした高齢者ドライバーは376人。

約6割の高齢ドライバーは、認知機能が正常。

残る4割は異常…

 

高齢者が車を運転することに賛成です。

就業、レジャー、引きこもり防止など、積極的に車を活用して外出してもらいたい。

ただ、僕も車を運転しているので、認知症を発症している無自覚な高齢ドライバーから、家族や同乗者の命を守る義務があります。

そこで提案。

現在のシルバーマークを、もっと、わかりやすい形にしてもらえると助かります。

少なくとも、50メートルくらい先から目視できると有り難いです。

 

60F1BA87-B343-418B-B14A-D6737BDD7ABD_1_201_a

« 過去の記事