タグアーカイブ: 佐倉市

佐倉市に伝わる哀しい鳥人伝説

千葉県の民話で、もっとも奇怪、もっとも哀しい物語は、佐倉市に伝わる鳥人伝説ではないだろうか。

母は子を思い、子は母を思う。それは自然の姿であり、親子の絆は容易に断ち切ることはできない。もし、生まれてきた我が子が、普通の姿でなかったら、自分は、そしてあなたは、親として、どのような行動を取るべきなのか。

この物語はとても奇怪な内容です。参考文献は既に絶版しているので、全文掲載致しました。文章等も校正を加えず、原文のままとしています。

論より証拠。まずは、ご一読あれ。


白鳥に貞操を奪われた美女と鳥人の一族<佐倉市>

房総の秘められた話、奇々怪々な話
 大衆文学研究会千葉支部編著
 崙書房【第一版1983年7月10日】より引用

むかし、下総の佐倉城の城主に、綾姫という美しい娘がいた。

綾姫は鳥がすごく好きだった。とくに白鳥が好きで、一羽のオスの白鳥を飼って、いつも「五郎」と名づけて可愛がっていた。白鳥も、すっかり綾姫になつき、綾姫のことばなどをほとんどみな理解していた。

ある夏の日のことである。いつものように白鳥の五郎と一緒に、印旛沼のほとりを散歩していた綾姫は、暑いので、柳の木かげに体を横たえていた。沼を渡ってくるそよ風にさらされていると、妙に眠気がさしてきて、綾姫はついウトウトとまどろんだ。

ところが、綾姫はやがて、思わす「あッ」と声を上げて眼をさました。自分の着物の前がはだけ、腹の上に、五郎がちょこん、と乗っかっているではないか。綾姫は自分が白鳥の五郎に貞操を奪われてしまったことに気がついたのである。

「あんた、ばかなまねをしちゃだめじゃない」

さとすようにいうと、白鳥の五郎は、一声二声、コケー、コケーと鳴いて、沖へ沖へと沼のなかに泳いでいってしまった。 それっきり、どこへどうしたのか、五郎はもう二度と、綾姫のところへ戻ってこなかった。

それから一ヶ月ほどして、綾姫は妊娠していることに気がついた。三月、四月とたつと、お腹がだんだんふくらんでくるではないか。それを知った父母(佐倉城主とその奥方)は、相手はどこの誰なのだ、と尋ねた。綾姫は、白鳥に犯された、と説明したが、父母はそれを信ずるはずはなかった。

十ヶ月ほどたつと、綾姫は産気づいた。しかし、綾姫が産んだのは人間の赤ん坊ではなかった。まっ白な、美しい卵。それも四個である。どれもこれも、鶏の卵の三倍ほどの大きさであった。

綾姫はそれをどう処分したらいいかひどく迷ったが、毎夜それを抱いて寝ることにした。すると、二十日ほどたって、四個の卵はみんな割れて、なかから「半人半鳥」が生まれた。顔は人間の子供だが、全身が羽毛でおおわれていて、翼があり、足は白鳥とそっくりなのである。

これを知った綾姫の父は、綾姫に、

「そんな怪物は殺してしまいなさい」

と命じたが、みんな我が子であってみれば、可愛そうで殺してしまうわけにはいかなかった。それをいうと、綾姫は、父から勘当をいい渡された。

四人(羽)の子供をつれて、綾姫は泣く泣く佐倉城を出ていった。四人の子供を引いて下総の森のなかをあてもなくさまよっていると、親切な樵夫(きこり)に助けられ、綾姫親子は、その樵夫の家に寝泊りすることになった。四人(羽)の子供はスクスクと生長し、みんな空を飛んだり、水の中を泳いだりできるようになった。男(オス)が二人(羽)に女(メス)が二人(羽)だったので、大きくなると、兄妹ながら結婚して、二組の鳥人の夫婦が出来た。夫婦たちはさらに子を産み、三十年もすると、この森のなかに、こうした鳥人の集落ができてしまった。

このことが都に知れると、時の将軍は、部下のものに、

「このような怪物の群れを生かしておいたら、どのようになるか分からぬ。一羽残らず退治してこい!」 と厳命した。

秋のある日、一団の鉄砲隊が、下総の森に入りこんできた。隣り村に用事があって出かけていたお綾(綾姫)は、その鉄砲隊と出会ったが、それが自分たち一族を撃ち滅ぼしにきたのだと知ると、蒼ざめて、脱兎のように、集落まで帰ってきた。一族のものに、

「みんな逃げるんだ。早く、早く、空高く飛びあがるんだ。でないと、でないと、都からきた鉄砲隊に、みんな撃ち殺される!」

声の限り叫んだ。

危急を知った一族たち鳥人の群れは、みんな悲鳴をあげながら、羽音も高く、舞いあがった。

何羽(人)かは、そのとき、空を飛んでいたが、みなと合流して、逃げようとした。総数は三十であった。

ところが、早くも鉄砲隊の先鋒が、この集落に足を踏み入れていて、この空の一団に対して、銃身を向けた。ダダーン、ダダーンと、不気味な銃声があたりにこだまする。 まだ生まれたばかりで、やっと飛べるようになった幼い半人半鳥が、いちばん低いところを飛んでいたので、そのタマに当たり、白い翼を血に染めて落下した。 しかし、他の二十八人(羽)は、必死に翼を動かして、高く高く舞いあがった。もう、鉄砲隊がどんなに鉄砲を撃っても、タマはとどかなかった。

それっきりで、この鳥人の一団はもう二度と、この下総の森に舞い下りてこなかった。みんなどこへともなく、飛び去ってしまったのである。アフリカの方まで逃げていってしまった、ともいわれている。

下総の台地に、三墓の墓石が並んでいる。一墓はお綾(綾姫)のもので、他の二墓は、このとき撃たれた幼い半人半鳥のものである、といわれているが、それがどこにあるのか、筆者は知らない。

佐倉城址は、佐倉市の鹿島台にあり、ここには、昭和五十八年三月、国立歴史民族博物館がオープンして、一日数千人もの見学者が訪れている。京成電鉄佐倉駅の近くである。

<府馬 清>


上勝田第1アーチ橋

ドライブ中にJR東日本の歴史的建造物を発見。

千葉市から酒々井アウトレットパークに向かう道中、Googleナビを使ってドライブしていました。マニアックなルート選択に戸惑いつつも、のどかな林道を走行中、偶然、煉瓦造りの美しいトンネルを発見しました。

このトンネルは明治30年に完成したようです。今から123年前。よく年、日本で初めて車が走りました。それだけ古いんですね。歴史を感じます。とても美しいトンネルです。煉瓦に光が反射して、まるで絵画のよう。

ぱっと見はトンネルですが、アーチ橋とあるので、高架なんでしょうね。トンネルの上に線路があるか、確認できませんでした。看板には総武本線の記載があります。見学中、電車は通過していません。

上勝田第1アーチ橋は佐倉市の人里離れた山奥にあります。あたりは田んぼで民家もまばら。とても静かな農村です。今から123年前、このトンネルを誰が通ったのでしょうか。きっと、様々な物語があるのだと思います。

この場所は、気まぐれなドライブで偶然見つけた、素敵な贈り物でした。

「性差の日本史」展

日本の性差(ジェンダー)はいつ誕生したのか。そもそも、性差とはなにか。歴史的資料をもとに、じっくり勉強できる企画展示。

日本の歴史を太古から紐解き、社会的役割としての男性・女性が、日本にいつ頃から誕生したのか、簡単に学習できます。

  • 性差(ジェンダー)の日本史
  • 2020年10月6日〜12月6日
  • 場所:国立歴史民族博物館 千葉県佐倉市(佐倉城址公園)

僕なりにまとめます。大前提として、日本は性差に、かなり寛容な社会であったこと。まつりごとに女性が参加しない、というルールは、そもそもなかった。女性が記号(性差:ジェンダー)として歴史に登場するのは、平安時代頃。戸籍制度の確立に由来するそうです。しかし、家系を重んじる日本社会は、政治の頂点に、女性が立つ事がありました。例えば北条政子。女性君主の登場に社会的な偏見はなかったそうです。

江戸時代に入り、女性の役割は裏方にまわる。もちろん、政治的な発言は許されました。例えば大奥の女性など。そもそも、女性の発言を抑制する、という考えかた自体がないようです。江戸時代に仕事の階級制度が確立します。例外として、女性は職人になれなかったようです。

江戸時代に大店(おおだな)が登場します。江戸時代の大店は、300名前後の男性従業員で構成されていました。女性はいません。ここに登場するのが、性の管理。自慰禁止の社訓があったりします。大店の構成に重要な役割となるのが、性の管理=「遊郭」です。遊郭とは売春宿のこと。経営者は遊郭と上手に関係性を築くことが、必須スキルだったと。なお、遊郭は女性のみで構成される組織。女性経営者としての社会的地位は、相当高かったようです。もちろん、職業差別はありません。このあたりは、ヨーロッパと全然違う。ちなみに、大店の登場に、日本の終身雇用制度のルーツを感じました。これが、元祖サラリーマンでしょうか。

遊郭で働く女性が差別されるようになったのは、明治時代。文明開化で日本全体が西洋文明に右にならえした結果、「奴隷解放」とほぼ同義の意味で、遊郭が強制解体されたようです。しかし、遊郭を除籍された女性は、すぐ転職できるわけもなく、結局、売春業に戻ることもあったと。その際、今までは両親の都合で遊郭で働いていたが、解放後は「好きで売春している」と社会的偏見を受け、遊女に対する差別が始まったと。なお、明治政府が誕生した際、女性に参政権は与えられません。もちろん、選挙権もない。

日本社会を分断しかねない「性差」ですが、その誕生を見ると、近代が重要な要素となっています。男女差別は、日本が西洋化した結果の、負の副産物なのでしょうか。

ジェンダーの日本史
性差の日本史 国立歴史民族博物館
« 過去の記事