カテゴリーアーカイブ: 映画

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

アニメの続きなので、原作漫画を読むか、本編を予習しないと、内容がわからない。

ちょうど、Netflixでアニメを全編観ていたので、とても楽しい作品でした。映画館にできる長蛇の列を眺めるのは、気分良いです。僕は平日のレイトショーで観ました。結構、混んでましたよ。

この映画は漫画原作等を事前に予習しないと、内容が判らない。テレビ(アニメ)の続きは映画で!というパターンは、鬼滅の刃だけではなく、最近の日本アニメでは良くある戦略なのだと、子供が教えてくれました。なるほど、勉強になる。

確かに、興行収入最速100億円突破の報道を見れば、納得。毎週1話放映するより、よっぽど儲かる。頭がよろしいですな。

大勢の観客が「面白い」と評価しているので、それだけ、映画を見る前に原作等に触れていた人が多かったのだろう。そう考えると、「鬼滅の刃」成功の立役者は、コロナウィルスによる自粛、一億総ひきこもりとも言える。

たとえば、鬼滅の刃のアニメや原作を事前に観ないで、いきなり劇場版を観たら、この映画に大して、どんな感想を持つだろうか。蒸気機関車(夜行列車)で待ち合わせた、派手な着物姿の少年達が、突然、不明の鬼(妖怪)と闘う話だ。鬼がなぜ人を食べる?柱ってなに?なぜ、刀持ってるの?どうして、子供が戦闘するの?と、ならないだろうか。もちろん、大正時代が設定の物語とは、絶対わからないはずだ。予習せずに、この映画を楽しめる方がいたら、驚きを隠せない。

しかし、今どきのアニメだから、それで良いのだろう。事前予習していない観客は、迷わず損切りする。戦略の明確さ、コンセプトの鋭さを、鬼滅の刃に感じました。大ヒット(勝利)を引き寄せたんですね!

鬼滅の刃興行収入最速100億円
産経新聞朝刊 2020年10月27日
記録尽くしの鬼ダッシュ
産経新聞朝刊 2020年10月233日

私たちの青春、台湾

台湾の学生が起こした民主化運動「ひまわり学生運動」を題材にしたドキュメンタリー映画が、来月から日本で公開。

香港の「雨傘運動」に影響を与えたひまわり学生運動は、中国との貿易自由化に反対した台湾の学生が中心となり、2014年3月頃から約3週間、台湾の国会を占拠した抗議活動。支援の輪は一般市民に広がり、最終的には約50万人の市民が参加したそうです。この民主化運動は、台湾議会が市民の声を受け入れ平和的に解決しています。

本作は、ひまわり運動を中国人留学生の視線で描いた作品であり、台湾で出会った民主主義を、中国本土で暮らす同世代の若者に紹介する姿も描かれていると。

とても面白そうです。日本では10月下旬に公開が予定されています。

私たちの青春、台湾

産経新聞朝刊 2020年9月27日

#生きている

昨夜、Netflixで観賞。

「#生きている」という題名の韓国映画。ホラー(ゾンビ物)です。

骨太の内容で最後までハラハラします。ちょっと前、「新感染」韓国ホラー(ゾンビ物)がありました。内容は似ています。

「新感染」は列車内でゾンビが発生するパニックホラーですが、「#生きている」はマンションにひきこもり、気づいたら、周りの環境がゾンビ化していたという内容。大作っぽい「新感染」より、「#生きている」方が、ゾンビ出現の不条理なリアル感が強いです。

それにしても、最後まで油断できない、よく出来た作品です。2020年制作なので、劇場公開なしNetflix独占配信の映画でしょうか?制作背景に、コロナ自粛期間中、自宅でテレワークしてたら「社会が激変していた」を連想させます。確かに、ありそう。タイトルについてるハッシュタグの意味は、最後に分かります!

なぜ、ゾンビ映画が作られるのか。しかも世界的に大人気。海外ドラマもゾンビが流行。ウォーキングデットも途中まで観ましたが、最後は残酷すぎて、ついて行けなくなりました。

パク・シネ主演『#生きている』NETFLIXグローバル・ムービーチャート1位

« 過去の記事