軍都千葉と千葉空襲

千葉市郷土博物館。千葉市制100周年記念特別展。

軍と歩んだまち千葉市。戦時下の暮らしに焦点を当てた特別展を開催中。入場無料。

千葉市に住んでいますが、千葉城の中に入ったこと、ありませんでした。今回の特別展で、千葉城の中に郷土博物館があることを知りました。ありがたい話です。

今となっては昔の話、戦争です。1945年の6月と7月、千葉市は米軍から2度の空襲を受け、1600名近い人がなくなっています。ボーイングB29という爆撃機が、千葉市の上空から大量の焼夷弾を落としました。焼夷弾は濃縮ガソリンを落として、建物等を焼き払う兵器。これは、民間人を狙った空爆です。恐ろしい話です。また、この空爆により、千葉市の中心市街7割が焼失したようです。現在の都市としての景観からは、想像もつきません。それだけ困難を乗り越えて、今の発展があるんですね。

特別展では、当時を忍ぶ数々の品が展示されています。ガスマスクには驚きました。敵軍のガス攻撃から身を守るため兵士に支給されたようです。市民向けにも市販もされていたそうです。

日本近代の象徴である軍隊の歴史が、明治時代から第二次世界大戦敗戦後まで、時系列で学ことができます。しかも入場無料。とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。オススメです。

千葉市立郷土博物館:〒260-0856千葉市中央区亥鼻1丁目6番1号

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中