止まらない虐待事件

兵庫県西宮市の障害支援施設で発生した虐待事件施設の対応は早くリスクを最小限に抑えた。

本年7月に発生した虐待案件の加害者を、翌月、懲戒解雇に。証拠を固め、該当職員を決然と解雇した施設の姿勢は、勇気があり称賛に値する。

ここで復習したいのは、虐待とは何かである。人として我慢できない「酷い」状態を虐待とすると、普通の成人は、虐待されない。なぜか。抵抗できるからだ。「逃げる」「戦う」「助けを求める」といった、様々な手段を、自由意志で行使できる。では、こういった手段を選べない、抵抗できないのは、どのようなひとか。子供や高齢者、障害者などである。一方的な隷属関係を強いられるひとも含まれる。いわゆる、社会的弱者だ。

だから、虐待は早期発見が難しいことを、まず、知識としてご理解頂きたい。次に、虐待は目撃時の通報義務が法令で定めてある。介護従事者、医療従事者、保育士などは、以下の5項目を目撃したら、なんらかの手段を講じて、情報共有を行う義務がある。

※報告先は社内(上司)、もしくは行政窓口

  • 身体的虐待
  • 心理的虐待
  • 性的虐待
  • 経済的虐待
  • ネグレクト(放置放任)

ここまでは、よくある虐待防止研修のまとめ。虐待研修は法令研修なので、必ず実施しなければいけない。でも、虐待はなくならない。というか、罰則が軽いので、現状の法令では無くならないだろう。

とはいえ、繰り返し、研修という学びの場で、粘り強く教育を行うことで、一定の抑止効果があると、本気で信じたい。虐待をすると人生損をする。そう考えて、間違い御座いません。

障害施設で虐待加害者を逮捕
産経新聞朝刊 2020年10月14日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中