カミソリのようなもの

西村経済再生担当相に謎の脅迫文が届く。

手書きで繰り返し「死ね」と書かれた文章と、カミソリの刃のようなものが同封されていた。

それにしても、カミソリ「のようなもの」とは何だろう。思い当たらない。超薄い金属プレート?

のようなものではなく、ただの、カミソリではないのか。謎である。手書きの脅迫文は筆跡が証拠になる。つまり、「死ね」の真意は、「わたし馬鹿です」ということだろうか。じつは、差出人が書いてあったりして。このレベルだとありそう。

なにより驚いたのは、脅迫文がしっかり内閣府まで届いたことである。これも、郵便事故?それで良いのか、郵政省。がんばれ。応援してますよ。

産経新聞朝刊 2020年10月6日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中