監視資本主義

監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影

ネットフリックスで配信しているドキュメンタリー作品。米国の有名テック企業で働いていた、元重役や主要プログラマー等が、SNS依存社会に警笛を鳴らす内容です。

グーグル、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなど、世界的な有名テック企業の元社員が、グーグルやSNSについて、次のようなビジネスモデルであると証言しています。

SNSは広告主にユーザーを販売する仕事。ユーザーは無料でサービスを利用している。つまり、ユーザー自信が商品である。

そのために、日々「どうすれば最大限に人の気を引けるのか」研究している。ユーザーの「関心を商品として広告主に売る」ために。

テック企業の顧客は広告主である。ユーザーは物である。広告を出せば確実に儲かる。その儲かる「確信」を広告主に売る。確信を売るには大量のデータが必要。そのためにSNSを利用する。つまり、人々を「モノ」として取引する、人類史上初の先物取引所がSNS、なんだそうです。

本作はネットフリックスで人気の高い作品。全世界で多くの視聴者がみています。さすが米国。ここまでドラスティックにSNSを扱えることが凄い。日本のマスコミとは大違い。民放だと、LINEおじさんのセクハラ投稿がどうのこうの程度です。そもそも、民放がSNSの是非を問うことはないです。まあ、どうせ民放は誰も観てないので、問題ありませんが。

本作はとてもスリリングな内容で驚きました。

オススメです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中