犯罪も高齢化している

令和2年度版の警察白書が公開されました。

高齢者が犯罪の被害者となる割合が毎年上昇しているそうです。

おれ俺詐欺等は全体の約90%の被害が高齢者に集中している。

また、交通事故で亡くなる高齢者も増えていると。

高齢者が犯罪の加害者になる割合も同時に上昇している。

万引きなどの犯罪加害者は、全体の約2割が高齢者であると。

 

その背景には、何があるのか。

地域コミュニティーの消失という内容はよく聞く話だが、話し相手がいなくなると、高齢者の注意力やモラルが低下するというのは、本当だろうか。

介護施設の管理者である僕の見解は「本当」です。

高齢者が地域社会との関わりが希薄になると、そうでない人に比べ、認知機能が低下しやすいと言われています。つまり、認知症になりやすい状態を誘発します。介護も予防の時代に突入しており、積極的な社会参加が、認知症予防の重要な要因であると言えます。

だったら、どうしたら良いの?

高齢者にとっても、高齢家族を抱える現役世代にとっても、日本が住みにくい社会に変貌しつつある事は事実だろう。

 

E4A2929C-3CC6-44B8-AFE4-DF9A6E140091_1_201_a

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中